県立植物園が目指す植物園像

新潟県立植物園は、平成10年12月に開園しました。19.8haの広大な園内に四季を彩る10万株を超える植物が植栽され、県民の皆様の憩いの場として親しまれています。
新潟県はオオミスミソウ(雪割草)やユキツバキなど約3,000種類の植物が自生する豊かな自然を誇ります。また、植物園の所在する新潟市秋葉区は、シャクナゲやアザレア、ボケなどを代表とする国内有数の花き生産地として知られます。
このような新潟県の自然と園芸産業の特性を生かしながら、新潟県の「新潟県の都市公園のあり方」および「新潟県立植物園が目指す植物園像」をふまえて、「四季を通じた観賞」、「教育・普及」、「貴重な植物の保全」、「調査・研究」の4つを重点として、園の充実を図ってきました。 

収集・展示

  • ツツジ属植物(アザレア約250品種:日本一、ツツジ属ヤマツツジ類とミツバツツジ類の野生種約50種:日本一)
  • ボタン(約180品種)、ツバキ(約250品種)等の園芸品種など
  • 絶滅危愼植物(約200種)

教育・普及

  • 植物の魅力を伝える展示、解説
  • 広報誌やインターネット等による情報提供
  • 緑の相談コーナーの開設
  • 植物の栽培や園芸文化に関する各種教室の開催
  • 講師派遣
  • 学校等の教育活動への支援

調査・研究

  • 開花・結実調査
  • ツツジ属の園芸品種の起源や系統に関する研究
  • 絶滅危惧植物の収集・保全に関する研究
  • 環境保全、自然再生に関する研究
  • 新潟県の園芸の歴史に関する研究
  • 街路樹に関する調査