展示・講座・イベント

にいがたの花 第3部 シャクナゲ・ツツジ展

ツツジ科ツツジ属に分類されるシャクナゲとツツジ。
どちらも日本に原産種があり
園芸化されるまでに長い道のりを経てきました。
ツツジは観賞価値の高い種類が人里に生えていたため
日本では江戸時代から改良が盛んとなった
非常になじみ深い植物です。
一方、シャクナゲは高山に自生しており
ツツジほど身近な植物ではなく
日本では昭和に入ってから本格的な栽培が始まりました。
それぞれに独自の発展をし
今日、庭園樹や鉢植えとして栽培されるまでの歴史を紹介します。

開催日時

3月21日(水・祝)~5月20日(日)

会場

観賞温室第2室「花と緑のステージ」

観賞温室開館時間
9:30~16:30
(最終入館は閉館30分前まで)

※開館時間はイベント等により変更になる場合があります。

温室入館料

大人
600円200円
シルバー
500円150円
高校生・学生
300円100円
小中学生
100円無料

※小中学生は土・日・祝日無料
※上記料金は改修工事及び植栽リニューアルのため熱帯植物ドームを閉鎖する期間中の特別料金です。(2019年9月19日~2020年3月中旬(予定))
※料金はイベント等により変更になる場合があります。